いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ピッチ・パーフェクト

【概略】
ひょんなことからガールズアカペラ部に入部したベッカ。風変わりなメンバーと衝突しながらも友情が芽生え、大学アカペラ界の頂点を目指すが…。
青春


.5★★★☆☆
アナケン(アナ・ケンドリック)ってなんか鼻が高いのが苦手というかちょっと苦手な顔立ちをしてるんですが、本作ではとってもキュートに映されてて、ああ監督の映し方なんだと思い知った次第。
ガールズアカペラ部に入部したベッカが、部員の女子とぶつかり合いながらも友情を育み、それが昇華するまでのお話かな。知らない曲満載だったけれどもそんなことは関係なく、楽しくノレる映画でした。
保守的なリーダーとの確執もありますが、結局伝統にしばられるよりも、自由に歌ったほうが何ぼか素敵だってこと。
アカペラって凄いよね、歌声だけでハーモニーを作れるって凄い。キーワードをもとにかけ合いで歌をリレーしてゆく「リフ・オフ」では、次にどんな歌が飛び出すのかと面白かったし、ベラーズの大会での曲ではアレンジが凄くて、良くここまで変わったなとびっくり。
下ネタも多いけれども、それもさらっと流すくらいなので、楽しく笑えて爽やかな最後が凄く良かったよー。
続編もあるそうで、次も観たいなあと思わせられる作品でした!