いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ピッチ・パーフェクト2

【概略】
全米チャンピオンとなったバーデン・ベラーズだったが、祭典で大失態を犯し活動禁止処分を受けてしまう。一度きりの名誉挽回のチャンスは、世界大会で優勝することで…。
青春


.0★★★☆☆
あれから3年―。全米チャンピオンとなったガールズアカペラ部をピンチが襲う!強力ライバル出現に、メンバー内で不協和音…。はたして自分たちのサウンドを取り戻せるのか!?
バーデン・ベラーズ(…そんな名前だっけ。忘れてます)はスキャンダルを起こして、大会出場禁止の処分に。やっと与えられた一度きりの名誉挽回のチャンスも、勝たなければいけないというプレッシャーや、卒業後の進路の不安などから、みんなの心はバラバラ。そんなときに最強のライバルが現われて。といった話~。
アナ・ケンドリックが変わらず主演。これ、監督と製作がエリザベス・バンクスさんだったんだね。
友情、恋、ライバル。青春ど真ん中なストーリーが展開されていきますが、飽きさせません。圧巻のアカペラシーンがやはり肝。3年経てば、将来の事に悩む事だってあるでしょう。ベッカはインターンをして皆とはまた別の悩みができてしまうんですね。そんなこんなで合宿でのバラバラの皆の気持ちが一つになるシーンが良かったです。
オリジナル曲を歌うラストシーンも感動的でした。歴代のベラーズメンバーも出演ってことで、みんなベラーズが好きなんだなあ。アメリカでは大学のなにかしらの会にはいると、それが一生の思い出になるものなんだなあ。よく青春映画とかであるよね。でもみんな卒業で、エミリーだけが1人。存続できるもんなの??