いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

羊たちの沈黙

【概略】
女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。
スリラー


.0★★★★☆
これも今更、ですが。サイコものの火付け役となった作品。
犯人よりもレクター博士の存在感がとにかく強烈で、主人公の女性FBI訓練生クラリスと博士との関係も何とも言えない。アンソニー・ホプキンスさん、ジョディ・フォスターさん共演。
レクター博士とクラリスの駆け引きは、知的で儚くそしてどこか美しい。クラリスの過去にレクター博士が示す愛情といってもいい固執。1シーンではあるけれど、初登場シーンで立ってるだけでのあの威圧感。
地下の独房でクラリスを待ち受ける彼の姿が映像として映るたびに、体温が下がっているかのような気にさせられる。ハンニバル・レクターの、その圧倒的な存在感と迫力は、観る者の心を捕らえて離さない名演です。素晴らしい。クラリスの心の闇をその賢く鋭い頭脳で察知し、捕らえて離さない圧倒的な力。またクラリスは闇を覗かれ苦悩しつつも犯人逮捕のためレクター博士を利用する。

どこか虚無感を感じる演出や、猟奇的で残酷な事件の決着など、おどろおどろしい部分はありつつも、メインはあくまで二人の対峙だと思う。
後半で博士は見事な獄中逃亡をし、クラリスは心の闇を覗きこまれはしなくなったものの、その心には彼に覗きこまれた「穴」が残った。「羊」たちの悲鳴が聞こえなくなったとき、今度ははっきりとした恐怖心を感じることになる余韻があとをひきます。