いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ピラニア リターンズ

【概略】
古代ピラニアたちがスプリング・ブレイクを襲ってから1年後。湖は封鎖され、血に飢えたヤツらは新しい住処を探して旅立ち、新たにオープンするウォーター・パーク“ビッグ・ウェット"へと辿り着く。そこは、能天気な若者たちが集うべく新設されたエッチな仕掛け満載のプールだった…。
ホラー


.0★★★☆☆
エロ・グロ・スプラッター・ホラコメ第二弾。
規模が小さくなってしまって、面白さも比例するように半減しちゃった。
前作では春フェスタが開催され若者で賑わっていたビクトリア湖に、突然何万匹もの太古のピラニアが現われ惨劇が起きましたが、今回はビクトリア湖とクロス湖が地底湖で繋がっていたという設定でした。
金儲け主義のオーナーの義父はレイクサイドに開園するアダルトプールで裸の美女を雇い意欲満々、ピラニアが出るといっても聞かない。
あれまあれまという間に、ピラニアが~。魚だけにギョギョッ!おちん○んがちょん切れて、アンダーヘアもモロ出し、首はスポンと飛ぶし、プールには食いちぎられた腕とか脚が沈んでるという…。そして、監督さんがあの「フィースト」の方なので、お子様にも容赦なし!エロ・グロ・スプラッターという意味では正しいのかもしれませんが、明るく楽しかった前作と比べてしまうとちょっとなー。でも後半はそれなりに盛り上がりましたよ。魚たちが空を吹っ飛ぶシーンが妙に美しかったりして。
ただ一部の描写が「女性鬼」とか「スリザー」を思い出してしまうシーンも合ってそこはちょっと楽しかったかな(笑)前作でピラニアに両足を食われてしまった黒人のおじさんが登場するのですがそこもちょっとうけた。水を克服しにきたんですが、装着した「脚」にはなんとショットガン。これも、なにやらを思い出すネタでB級映画の色々を混ぜてあるなとなんとなく頷いてしまった。
ベイウォッチやナイトライダーのデヴィッド・ハッセルホフさんが、本人役で出てますが、これがちょっと自虐ネタで笑った。