いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ヒロイン失格

【概略】
女子高生のはとりは大好きな幼馴染みの利太がイケてない同級生とつき合い始め、奪還作戦を企てるが敢えなく撃沈。そんな彼女の前に学校一のモテ男・弘光が現れ…。
ロマンス


.0★★★☆☆
少女漫画原作を桐谷美玲主演で映画化。
私が好きな人か、私を好きな人か。
女性は愛されているほうが幸せになれるよね…でも自分自身に好きな人がいたらそれも変わるよね。難しい問題だ。
幼馴染が=好きな人ってのは、少女漫画なんかではよくある光景だけれど、現実ではそれってあんまりないよね。小さい頃からのいいとこも悪いとこも全部知ってて、しかも好き!というのはどうしたって「執着」が激しいだろうなあ、と思います。
結局のところ少女漫画だし、利太とはとりがくっつく方向へ最終的に向かうんだろうなあという予想もつきます。その間の紆余曲折を描いた作品なんですが、現実味がないんだよなあ。少女漫画に現実感を持たせるのはまあ至難の業ですが(笑)
大好きな利太が地味っ子と交際を始めて焦るはとり。私のほうが可愛い!私のほうが利太の事が好き!私のほうが利太の色々な所を知ってる!と、「私のほうが」作戦を敢行するのは面白かったですが、正論で返されて撃沈するも、今度はモテ男が寄ってくると。
本気じゃないなら止めろというのは利太の揺れる男心。本当は好きなのに、失いたくないのに、同じような傷を持つものとして離れられない優しさ。でもそんなの本当の優しさじゃないんだよね。
結局、修学旅行先で、はっきりと悟る恋心。はとりと利太がくっつきます。
友人の中島さんが男前っすね。あとEDの曲が映画の内容にピッタリの曲だった。