いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

FURY / フューリー

【概略】
1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー"の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていく。たった一輌の戦車でドイツの大軍と戦った5人の男達は、なぜ自ら死を意味する任務に挑んだのか―。
アクション


.0★★★☆☆
戦車!戦車といえばドイツ軍。現存するティーガー戦車が出てきます。それだけで燃える。
どうやら胸滾!(むねたぎ)といわせたいらしいが、そこまでの滾るものはなかったように思う…戦争ものがあまり好きじゃないせいか?
ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャと俳優は豪華ですが、戦車と戦車兵に焦点を当てたという新鮮さはあるものの、「戦争映画」以外のなにものでもなかった、当たり前だけど。つまりは多くの戦争映画の特徴でもある、犠牲を強いた戦いの後の虚しさが重々しいのだ。死屍累々とした惨状、戦争の悲惨さと虚しさを表現した映像ですよね。ブラピの「理想は平和だが、歴史は残酷だ」って台詞は最もだった。
とはいえ、本物のティーガーとの戦車戦は見応えあった!ブラピの一貫性を感じないつかめない性格のところとか、レーザー光線のような曳光弾(えいこうだん)だとか、ツッコミどころはあるものの、重厚感溢れる主砲の応戦はかなりテンションあがったー!
違和感があるのが300人VS戦車戦での十字路を守る戦い。あれは必要だったのか?アメリカ万歳映画になってる気がするんだよねー。まあ最初と比べればいっぱしの男に成長した顔つきになったローガン・ラーマンが良かった。
ただし臨場感があるように見える一連のシーンは、それなりに撮られているものの、一言で言えば格好良い映画だったが何も残らない映画で、鑑賞者は新米兵のノーマンとリンクして「戦場」の悲惨さを伝えているような感覚で、見終わった後はぐったり疲れてしまいました。
心に残った台詞?そりゃ勿論「死ねこの豚ども!」だったわ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。