いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ブラックサイト

【概略】
FBIサイバー捜査官ジェニファーが捜査する闇サイトは、人々のアクセス数によって人を死に至らしめる殺人中継サイト。ネット上に映る捕らえられた被害者。彼らの生死を決めるのは、罪悪感もなく一瞬でサイトにアクセスできる世界中の66億人の人々だ。その“好奇心”を利用して、自分の手を汚さずに殺人を完結させる知的サイコキラーの目的は?遂に犯人の手がかりをつかんだジェニファーに、魔の手が迫る!
サスペンス


.0★★★☆☆
見てはいけないといわれると見たくなるし、自分には関係ないと思ってるからこそ安心して「気になってしまう」。この大衆心理をネット犯罪に絡ませたところが目新しい。とはいえ捜査自体は実際はけっこうシンプルでした。
犯人は仕掛けをつくるだけ、実際に死なせるのはアクセスする「傍観者」。自分ならどうだろう…怖いもの見たさ、話題性…直接的には自分のせいではないことを盾にして、見てしまうかも知れない。絶対見ませんなんて偽善的なことははっきりとはいえないと思う。
自殺映像の落下画像が生々しかったです…。
小さいことですが、「お誕生日招待カード」じゃなくて「お誕生日招待メール」ってとこが時代を感じてしまった… (´・ω・`)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。