いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ブラックリスト

【概略】
許せない政治家たちに投票し、ランキングを決めることで腐敗防止を狙うサイトを立ち上げたクリス。大きな社会的反響を呼ぶが、1位になった人物が次々と殺害され…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
シエンナ・ギロリーさんが美人妻役。
「リスト」に載ったものが殺されていくんですが、そこまでの描写にサスペンス要素があまりなく淡々としているので盛り上がらない。クリスはかたくなにリストの公開を続けるのですが、リストにクリスの名前も載ってしまい…。
家族を安全な場所に隠して一人会社に戻る途中に襲われたクリスは謎の人物に助けられる。クリスはサイトを閉鎖するが、誰かがシステムをコピーして別の場所で公開しており、削除することが出来なくなるのだった。
こういったリストの存在は確かに社会を賑わすだろう。汚職政治家や会社社長、いけ好かない人物の名前をあげさえすればいいだけなのだから。それに賛同するものだってどこかにいるだろうし。しかし何を目的にそれを公開するものなのだといわれたら、やはり自己欺瞞に感じてしまう、クリスが言う社会腐敗がどうこういうのは理想に思えてくる。実際、リストに載るということはそれだけ人に嫌われていたり話題をさらっているということなのだろうし、真に受けた人物が実際に殺人事件を起こす可能性だってあるだろう。
しかし、それにしても大臣たちが簡単に拉致されるのは警備どうなってるの?と気になるところだけども。
クリスはわざと自分を一位にすることで、犯人をおびきだそうとするのだが…。
犯人は例の謎の人物で、自分がやってることの説明も最初に会った時にしていた。しかし…オチは美人妻の機転なんだろうね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。