いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ブラッディ・バレンタイン

【概略】
アメリカの小さな炭鉱町ハーモニー。10年ぶりに帰郷したトムは、かつて彼が原因で起きた炭鉱事故の唯一の生存者、ハリーがバレンタインデーに住民22人を惨殺した事件の罪悪感にいまだに苦しんでいた。元恋人のサラを訪れたトムだったが、ある夜、まるでトムの帰りを歓迎するかのように、ガスマスクを付け、つるはしを持った殺人鬼が再び姿を現した!見えざる恐怖が忍び寄る中、果たしてトムと町の人々の運命はー?
ホラー


.0★★☆☆☆
投げたつるはしが飛び出してくる…はずなんですね、3Dバージョンなら。有名ホラー作品を3D映画としてリメイクした本作ですが、オリジナルをみてないんですよね、私。
自分の酸素を確保するため、ツルハシで仲間を殺して浮き埋めから生存したハリーが犯した凄惨な殺人事件の記憶から逃れられないトムをジェンセン・アクレスさんが演じています(スパナチュの兄貴です)。
冒頭からいきなりの目玉がビョーーーンとか一瞬笑ってしまった。スコップで口から下ばっさりだとか洗濯機とか、なかなかいい感じです。特に病院での残虐事件現場の様子はかなり期待を抱かせてくれました。
死んだはずのガスマスク+つるはしを持った男は一体誰かというサスペンス要素もあるんですが、基本的には3男女の関係がその背景にあるかなあ。ただ真相は一番最初に疑うべき展開そのままで冒頭からバレバレだったよね。
一応は続編をにおわしているけど…。この作品は3Dでみたほうが楽しめそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。