いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ブラボー火星人2000

【概略】
TV局に勤めるティムは事故で不時着した火星人を発見、大スクープをカメラに収めようとするが…。
コメディ


.0★★★☆☆
ディズニー配給ですし、これは安心してみる事の出来る面白い作品でした。
バカだなあ…とほっと一息と言った映画です。宇宙服を1個のキャラクターにしちゃった点は凄いアイデアだと思う。ストーリーは丁寧ですがバカバカしくもあり、落ち込んだときの体ボロボロとか笑っちゃったな。腕とか頭とかスポーンと抜けるんですよね。
ティムは仕事の関係もあり最初はTVで火星人の実態を放映しようとカメラでマーティンの姿を撮っていたのだけれど、マーティン叔父さんとして接していくうちにそんな気持ちは吹き飛んでしまうんですね。
マーティンの口癖である「ムカッ」がなんだか愛嬌があって可愛いです、「#1色男」Tシャツや色んな宇宙人になれるガムなど小道具も可笑しい。
タイトルは微妙ですが、たしかにブラボーな作品です(笑)
しかしアメリカのガムくっつけって汚いなあ。机の下ガムだらけだったよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。