いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

プリティ・プリンセス

【概略】
ボサボサヘアにメガネのイケてない女子高生ミアは、ある日、初めて会った祖母のクラリスから、自分はジェノヴィア国のプリンセスで唯一の王位継承者だと告げられる。ミアは、女王であるクラリスの元、プリンセスになるための厳しいレッスンを受けることになる。
ラブコメディ


.5★★★☆☆
ジュリー・アンドリュースさんは今でも綺麗だなあ…なんてアン・ハサウェイさん主演ながら思ってしまった。なんか上品で威厳もあるんだよね。
ださめの女子高校生が実はとある国の女王の孫だったというシンデレラストーリー設定なんですが、もともとダサい時点でもアン・ハサウェイさんは可愛かったです。眉を整えて髪を整えて化粧して服と上品な振る舞いをつければ立派なお姫さま。
ディズニー作品なのでラストは当然ハッピーエンドですよ。内面と外面が成長していく姿が細やかに演出されてます。
当然ジェノヴィア国の姫だとわかってからは周囲の反応が変わってきて、いざこざがおきるのも王道…とはいえ面白かったです。物事がミアの性格がいいのでいいほうに向かうんだよね。なんだか明るい気持になりました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。