いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼

【概略】
クライアントだった男に妻を殺されたことで弁護士を辞め、探偵になったジャック。ある日、彼の下に刑務所に入っていた元依頼人から不可解なメッセージが届く。
サスペンス


.0★★☆☆☆
ガイ・ピアース主演のTVM。
ギャンブル、酒好き、そして女に弱いチョイ悪探偵。
昼間っから、パブにたむろしている老人たち、彼らは昔のラグビーの有名試合のビデオテープを毎日みている。競馬場のシーンも多い。ガイ・ピアース扮する不良探偵ジャック・アイリッシュは、刑事事件専門の弁護士だった。逆恨みした依頼人に妻を殺された過去を持っている。今は、競馬の予想と借金の取り立て、そして家具職人の見習いをしながら暮らしています。
なんだか古いタイプの探偵もので皮肉タップリな雰囲気がよいです。
彼の留守番電話に、10年前に担当したひき逃げ犯の男から、必死で切実なメッセージが残されていた。助けに応じようと調査を開始するが、ほどなくジャックは、電話してきた男はすでに殺されていた事を知る。ジャックは真相を探っていくうちに、それは緻密に計画された殺人だということが判明する。
ジャックは頭が良いわけでも、強いわけでもない。なんか話が複雑でよくわからなかったんだけど、知人たちを使いまくりで真相に辿りつくタイプ。事件を追ううちにイイ女と出逢ってよい関係になったりと典型的な感じ。ただ、巨悪のはずの敵のスケールが小さく、そこはやはりTVMを感じたな。
テンポがよくてサクサク進みすぎるのも話が複雑に感じる要素かも。ただそこはうまく考えられていて、観てる側が飽きて来る頃に、サウナなどで殺害された腐乱死体をみつけたりするのです。事件の骨休め的にパブでの爺ちゃんたちとの会話。
事件に大きく絡むのが音楽CDだったってのは洒落てる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。