いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

プリンセスと魔法のキス

【概略】
仮面舞踏会で1匹のカエルに頼まれカエルにキスしたティアナ。ところが彼女自身がカエルに変身してしまい…。
アニメーション


.0★★☆☆☆
童話「カエルの王子」とはちょっと違います。自分は王子だというカエルにキスをしたら、ヒロイン自身もカエルになってしまうというストーリーです。
昔どおりのアナログの手書きアニメですが、丁寧に作られています。レストランを開くという夢にむかって一生懸命なしっかりとした働き者のヒロインと少々お気楽な王子様のラブストーリーです。
邪悪なブードゥーの魔術師にカエルにされてしまった王子は、幼馴染の金持ちのシャーロットから借りたプリンセス風ドレスに身を包んだティアナと出会い、プリンセスと思いキスをせがむんですね。そしてなぜかティアナもカエルになってしまう。こうしてカエルになってしまった二人は、ジャズ好きのワニのルイスと蛍のレイと知り合い、元にもどるためママ・オーディという人物のところを目指して旅にでます。
次第に2人は自分にはそれぞれなかった部分を認め合い、一緒に難局を乗り切ることによって惹かれていきます。…が、ナディーン王子がティアナを愛する過程が少々突然すぎるところが難点かな。
ラストは勿論ハッピーエンドです。ディズニーの王子でここまでお気楽な人物は今までいなかった気がします(ティアナによって変わっていきますが)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。