いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

フル・モンティ

【概略】
イギリス北部のシェフィールドはかつて鉄鋼業で栄えた街だが、今では失業者の溢れる寂れた姿をさらしている。幼い息子の養育費を払う事が出来ずに共同親権を失いそうなガズもそんな失業者のひとり。だが親友のデイヴと共に男性ストリップショーに紛れ込んだガズは女性陣の熱狂ぶりに驚き、何の取り柄もない自分たちでもストリップをすれば金を稼げるのではないかと考えた…。
コメディ


.5★★★☆☆
トラブルだらけの男達による、男性ストリップ。
葛藤したり困難な状況に陥ったりしながら彼らが真っ裸に至るまでの過程が面白い。おじさんのストリップという設定が、悲壮感と明るさが同居する面白さをうむんですよね。彼らが一生懸命になればなるほど、応援したくなってくるという不思議な感覚。
工場が衰退してしまい、町は職を失って自信を喪失した男達が溢れている。女たちは町の男性ストリップショーに夢中。主人公は700ドルの養育費が払えないので息子の半親権を失いかけていた。
職安の連中と仲間集めのオーディションして練習していくんですが、その過程も可笑しい。ただみんなで並ぶのは難しくて、サッカーに例えればすぐさま理解してしまう、「ホットスタッフ」の曲に合わせて体が自然に動いてしまうあたり、結構やる気あったりなんかして。
警察に捕まった事で、はからずも「新聞で見ましたよ…」なんて女性たちに言われたりして。
劇中後もけっして男達の人生がうまくいくという補償はない。ただどん底だった彼らが、何かを掴むきっかけを得たのは確かだと思う。機会を得たがぐずぐずしているガズに息子のラストの叱咤が良かったよねー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。