いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ブレイキング・ドーンPart1 / トワイライト・サーガ

【概略】
ついにヴァンパイアになりエドワードと永遠の生を送る決意をしたベラ。しかし、ベラの妊娠はベラの体に変調をきたし出す。そんな中、オオカミ族との新たな戦いが勃発する。
ロマンス


.0★☆☆☆☆
映画としてはデレッデレでベッタベタでいちゃいちゃな二人をみせつけられるので、それが「素敵」としてみるか、「うんざり」とみるかによって、結構評価が偏りそう。
ティーンの少女たちが憧れるような素敵な結婚式、初夜、ロマンチックなロケーション。しかし、まさに幸せの絶頂にあるベラとエドワードの二人をず~っと見せられてるものだから、私はちょっとゲンナリしてしまいました(笑)作品から伝わってくる中途半端感とかね…なんかほんと結構どうでもいい作り。そこはPart2に期待というところなのか。
前半は、ジェイコブが山奥へ逃避行とか、初夜で興奮しすぎのエドワードとか、面白可笑しい作りにはなっているものの(そうか?)、後半はベラのやつれ具合が大丈夫かと思うほど凄くてまさに骨皮状態。ヴァンパイアと人間との混血種は異常な早さで成長し、ベラの体を蝕む。
ここで大きな決断がなされる。人狼族はベラとエドワードの間の子が血の渇きを抑制出来ないと判断し、ベラと胎児を排除することに決定する。ジェイコブは一族を裏切りベラを守ることを決意→男前!このシリーズほんとジェイコブが男前だよ。
その頃ベラはというと、まさにお腹パックリ開けたまま出産、そして彼女は死ぬ。そこへ人狼族が襲ってくるという展開ですが、エドワードの必死の蘇生にラストでベラはヴァンパイアとして生を得る。
それにしてもレネズミ。日本語だとネズミのほうに意識がいってしまって、いまいちな名前だよねぇ。しかしこの赤ん坊とジェイコブが刻印し…。
いちゃいちゃはもっと短く出来たと思うんだよね、しかし後半は最終章に至る伏線が盛りだくさんでした。私の欲しいものってなになに?気になるー。個人的にはジェイコブとレネズミの刻印関係に萌える。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。