いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ブレス・ザ・チャイルド

【概略】
復活祭直前のNY。6才の幼児ばかりを狙った誘拐連続殺人が多発。その子たちは、何故か全員12月16日生まれだった…。
ホラー


.5★★★☆☆
キム・ベイシンガーさんを主役に、今更ですがルーファス・シーウェルさんやクリスティーナ・リッチさんが出演していたんですねー。リッチ嬢は覚えていたけどルーファスさんは知らなかったよ。
悪魔崇拝の教団から姪を救おうとする叔母の物語。ある日麻薬漬けの妹が赤子を置いて去ったためこの子を育てるマギー、この姪には不思議な力があって、死んだ鳥を生き返らせたりする事ができる。
…で、最近12月16日生まれの6才の幼児ばかりを狙った誘拐連続殺人が多発しており、そんな時、妹とその新しい夫が戻ってきてコーディを連れて行ってしまうの。
世紀末を狙った作品なんでしょうね。どうして16日なのかというと、旧暦で計算するとそうなるんだそうです(ほんとかどうかは知らない)。
マギーに教団のことを教えてくれた少女シェリーは団体からの脱会を願っていたが、結局情報漏洩のせいで首チョンパに。
一方トラヴィス捜査官は、元が神父というところでオカルト的な存在に否定的でないのがいいですね。でもこの設定あまり活かされてなかったけど^;
なかなか面白いと思うのはコーディの助け手たち。バスのおばさん、掃除人のお兄さん、橋の上のおじさん、地下鉄のお姉さん…彼らは天使だったのかな?冒頭なんかは雰囲気あっていいですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。