いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

フレディ VS ジェイソン

【概略】
エルム街で起こった惨劇から10年。フレディは現実世界にはびこる殺人鬼ジェイソンの存在を知り、彼の夢に忍び込む。しかしジェイソンはフレディの支配から脱し、ついにはこのふたりの戦いが始まるのであった…。
ホラー


.0★★★★☆
共に10年以上も続いている両シリーズ。「エルム街の悪夢」に「13日の金曜日」。この共演作品では、殺人に至るまでの描写を見せることが目玉には違いないのですが、やりすぎな感ただよう作風は、もはや笑いの域に達している。ちなみにフレディがシリーズ全7作で殺した人間の数は30人、ジェイソンは全10作で127人をその毒牙にかけている…らしい(へえ~)。
まあある意味夢の共演ではあるのですが、どう考えたってフレディがジェイソンに勝てるわけ無いので、そこは何か策を巡らす方向で戦うのかと思えば、うがーと向かってくるジェイソンにジャキジャキと爪無双で意外とフレディが強いのが微妙な気持ちにさせられる。
まあどっちのキャラクターが好きかってのにもよるのかもですが、少なくとも私は普通に戦ってフレディがジェイソンに勝てるわけないよな、姑息な罠しかけるんだな、と思い込んでいたので「えー^;」でした。(だってそういうキャラじゃん!)
「夢」のフレディと、「現実」のジェイソン、寝ても覚めても命を狙われるという緊迫感はなかなか良かった。このての「エイリアンVS.プレデター」(これはそこそこ面白かった)みたいな作品は、おおざっぱに楽しむのが正しい見方なのでしょうね~。ホラー映画界の二大ヒーローが対決してしまうんですから、お祭りです。遊んだ作品だな~(笑)
けっこう笑える作品に仕上がってます。ジェイソンの最初から力任せに惨劇しまくるのとか、笑いました。一方フレディはジェイソンの母に化けてみたりと相変わらず姑息。ジェイソンが水の中でまごまごしてるの超可愛い。
結局ホームグラウンドであるクリスタル・レイクでの対決戦は、不死身すぎるジェイソンと自業自得でピンチに陥ったフレディという水と火がそれぞれ弱点のバリバリ切り刻みまくりの引き分けってことで勝負がつきましたとさ。
物語的にはフレディに母親を殺されたヒロインがジェイソンの鉈を振ってフレディの首をとるという終わり方。そして湖に沈んだと思ったジェイソンが湖から上がってきてその手には鉈とフレディの首…がウィンクするというラストなのでありました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。