いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

フローズン

【概略】
最後のひと滑りを楽しもうしていたダン、ジョー、パーカーの3人だが、突然リフトが途中で停止してしまう。
スリラー


.0★★★☆☆
いくら途中で係がかわったとしても、日本ではまずありえないでしょう。
それにしても寒い。北国なのでスキー場は昔よくいきましたが、リフトが止まったことも何度かありました。結構な高さで止まると10分くらいしたらまた動くとわかっていても怖いものです><
それがこの作品では、地上15メートルの場所で次に営業再開するのが一週間後という極限状態。
低予算で作ったわりにわりと楽しめました。ほとんどが3人だけのシーンなのですが、そのままでいたら絶望的な状況のまま。でも行動をおこせば、その都度問題が発生というどうしたらよいやらな状態に追いやられる。
当然寒さで凍傷にもなるし、1人がそのうち飛び降りて骨折、狼の群れにやられるなんて状態になっちゃったときの友情と愛情の天秤会話なんてのも面白く見れましたね。
そもそも自分たちのミスではないため、彼らの境遇がかわいそうに思えてくるんですよね。スキー場のリフトという身近なものだからこそ恐怖感がましますね。緊迫感も続きます。結局、助かったのは彼女1人だけだった…。そういえば、こういうB級作品っていつも女性一人が残りますよね。
ただ、リフトから降りてしまったあとはシチュエーションによる緊張感が緩んでしまいました。
教訓:携帯は持ち歩きましょう。営業終了間近には帰りましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。