いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

平成狸合戦ぽんぽこ

【概略】
自然の恵み豊かな多摩丘陵。そこでのんびり暮らしていたタヌキたちの間に、餌場を巡る争いが起こる。調べてみると、餌場の激減は、人間たちによる宅地造成が原因だと分かる。こんな争いをしている場合じゃない!このままだと、餌どころか住む所すらなくなってしまう。ここに丘陵のタヌキたちの大会議が持たれ、開発阻止を決議するが…。
アニメーション


.0★★★☆☆
ジブリです。昔みたときは自然破壊と共存というテーマがわかりやすすぎて面白くないなあと思っていたのですが、意外や意外いまみるとそうでもなかった。表情豊かな狸たちは可愛い。
化け物合戦から、人間に化けて街へ繰り出したりと狸たちの特訓の一生懸命さや滑稽さ、人間撃退作戦が開始されてからのイタズラも、面白い。百鬼夜行のシーンは良く出来ていましたね。
開発を中止に追い込もうとする狸たちの傍ら、人間達はというとレジャーランドの宣伝に利用したりと、あくまで合理的。ただし狸たちがやったことは全て無駄ではない、ラストの終わり方は良かったように思う。
エコや自然との共存を色々考えられてきた今日、今更ながら考えさせられちゃった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。