いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ベイマックス

【概略】
幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。
アニメーション


.5★★★☆☆
かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか…最愛の兄タダシを失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な“ケア・ロボット"ベイマックスだった…。架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれるふたりの絆の物語。
最初はベイマックスがミシュランに見えて仕方がなかった。しかもエッこんな話なの?予告でみてたような話とはだいぶ違うので、正直戸惑った。感動ロボットドラマかと思って観てたから、まさかヒーローものになるとは思わなかったのだ。しかし飛びぬけたものはないにせよ、王道の安定した面白さよ。
ヒロの作ったマイクロボット。これは本当に素晴らしいものですよ。ただしその使い道が肝心。使うものが悪心をもっていたら、いいように悪用されてしまう。これは科学の素晴らしさと警鐘を同時に見せている感じですね。

ヒロを暖めようと抱きしめるベイマックスの姿がかーわいい。
「タダシはここにいます」兄の映像を見て落ち着くヒロの心はわかるなあ。こんなの兄さんが望んでいないって、本当は心の奥底で知っていたから。
兄を失ったヒロは、娘を失ったと思っていた教授の心が手に取るようにわかるのです。最初は復讐しようと思った。でも、そうしても亡くした人は帰ってこない。
時空移動装置の中での「あなたはもう大丈夫ですか?」「ベイマックス、もう大丈夫だよ」ベイ泣きポイントですかね。ベイマックスのふわふわお餅みたいな感じがいいですね。そして戦闘モードに切り替わっても、「私はケアロボットです」を忘れないの。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。