いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ベッドタイム・ストーリー

【概略】
姉の子供を預かった独身男のスキーターは、彼らを寝かしつけるために作り話を聞かせる。気に入った子供たちは好きなように内容を変えて進めてしまうが、翌日その奇想天外な物語が現実になり…。
ファンタジー


.0★★★☆☆
ベッドタイムストーリーってつまりはほとんどの人が覚えがあるであろう寝る前のお話ですね。
子供達の想像豊かなイメージが現実になってしまうというストーリーはとても夢があります、この設定は面白いと思うし映像も良かったです。
スキーター(アダム・サンドラー)が適当に作って言ったお話に子供たちが茶々をいれた次の日、ガムの雨は降るしホテル経営のチャンスも出来てくる。(まあ実際はようやく認められた+ガムを運んでたトラックが事故った…んですが)結果毎夜話すうちに次第にスキーターの運命も変わっていくんですね。
スキーターの物語は現実的かつ即物的に終わるんです(笑)そこでそれじゃつまんないよと子供たちが付け足していく。ホテル経営者を決める現実世界が子供たちの味付けしたお話の通りに進むことに気付いたスキーターは、うま~~く自分が得するように誘導するんだけど…。
現実にはやはりハッピーエンドは難しい、でも希望を持ち続けていれば、いつか必ずと思わせるラストもやはりディズニーです。「自分の物語は自分で作れ」ってことなんだよね。
学校を救おうとするスキーターはすっごく格好良かったよね!ただ、昔の知り合いが都市計画長官だったりモーテル経営がうまくいったり親友と美女がくっついたりと都合のよいところはあるけれど。
ただ、モルモットの描写が酷いなあ^;私モルモットをずっと飼ってますが、鳴き方も違うし…まあこれはアニメぽくわざとそうしてるんだろうけど…。