いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ヘッドハント

【概略】
脱獄した連続殺人犯・レッドマンに監禁された男女6人。彼らはレッドマンの無実を証明するため、真犯人を捜すはめに…。
スリラー


.0★★★☆☆
火災で死んだと思われていた連続首切り殺人犯が、自分に罪を着せた真犯人を捜すため、裁判の関係者たちなどを拉致監禁、パソコンを使って捜査資料や裁判記録から証拠を見つけるように要求されるも、ミスする度にナイフで額を傷つけられ、ミスが5回になると本当の意味での「クビ切り」が待っているというストーリー。
調べていく過程でこのレッドマンが殺人を犯していないということはわかるのですが、首切り(死)を敢行しちゃうので結局殺人犯になってしまうところはなんとも。
爪はがしが痛い(><)目を抜かれたシーナの窒息死シーンがなかなかよく出来てる。片足でぶん殴るシーンはちょっと滑稽。こういう設定のストーリーですから、証拠の中からやがて犯人につながるもの(苦しげな息遣い)が出てくるのですが、真相はなんとも意外というか呆気ないというか。拉致された中に犯人がいたんですね。
ラストにかけての失速はちょっと残念でしたが、レッドは今度は医師に復讐しにいくんでしょうね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。