いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ペネロピ

【概略】
先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもって生まれたペネロピ。呪いを解く方法はただ一つ。「ペネロピと同じ名家出身の“仲間”が、ペネロピに永遠の愛を誓うこと」。屋敷の中だけで育てられ、完璧な花嫁教育を施されたペネロピは、集められた名家の子息との見合いを繰り返していた。ある日自然体のマックスと出会い…。
ロマンス


.5★★★☆☆
可愛い~~~~!!!
もうすっごく可愛いよペネロピ。色彩の感じなどはアメリを思い出すキュートさなんですが、とにかくクリスティーナ・リッチが可愛らしすぎます。
豚の鼻=コンプレックスの象徴なのですが、コンプレックスっていうのは自分がおもっているよりは実際は酷くはないもの。…とはいえ本人にとってはそれを克服するのって凄く強さと勇気がいることなの。
全体にポップでコミカルな味付けがされています(窓ガラスの突き破りと執事の走りは笑っちゃいました)。ストーリーとしては、運命を変えるのは自分自身という王道もの。若干お嬢様そだちのわりにそれなりに生活に順応できていたりと不自然なところもありますが…。
相手役はジェームズ・マカヴォイ。
小物、ファッションなどもすっごく可愛らしい現代おとぎ話です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。