いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ヘラクレス

【概略】
天界の支配者ゼウスに、息子ヘラクレスが誕生した。みなが彼を祝福する中、たった一人喜ばない黄泉の国の王ハデス。彼は、ゼウスを倒す計画を成長したヘラクレスに阻まれるとの予言を受けていたのだ。ハデスにより、人間世界に落とされたヘラクレス。彼は生まれた世界に帰るため、真の英雄となるべく旅立った…。
アニメーション


.0★★☆☆☆
どちらかといえばディズニー映画の中でもいまひとつの部類に入る作品。英雄ヘラクレスを題材に、お気楽路線で造られた作品かなと思います。オリジナル脚色なので、王女アンドロメダも怪女のメデューサも登場しません。
ヒロインはこれもまたいまひとつ華のない、メグ(ティズニーには珍しい「大人の女性」の立ち位置)。練習風景の乙女像が笑える。最後にはボロボロです。
敵方であるハデス側がちょっとオマヌケで面白かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。