いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ヘル・ブレイカーズ

【概略】
車の事故で、森の奥で孤立した旅行者のアイザックたち。彼らはジャックという男が管理する不気味な邸宅で、一夜を過ごすことになる。そこは100年前に一家惨殺事件の起きた呪われた場所で、今も亡霊と化した悪鬼が支配していた。そして彼らは、時空の歪んだ悪夢の迷宮に囚われ、100年前にタイムスリップしてしまい…。
ホラー


.0★★★☆☆
田舎道を走っていた乗り合いタクシーが事故を起こし、運転手が死んでしまう。途方に暮れる乗客たちは、通り掛かったジャックという地元の男の勧めで、彼の屋敷で一晩過ごす事に。
100年前、この屋敷では養子の少年による一家惨殺事件が起こっていて、その霊がまだ残っていたというものなんですが、結局メンバーがどうしたいのかがあまり明確にされず、肝心の惨殺事件も見せ方が下手でぐだぐだとした残念な作品になっている。
一応ヴァル・キルマーさんもでているのですが、さくっといつの間にか殺られちゃってたし(笑)ルーク・ゴスさん演じるアイザックには医大生の弟アダムがいて、弟が母親の自慢の息子だった事に少し引け目を感じている。その母は最近亡くなって、弟と2人頑張って生活しているというところ。
いないはずの少年の姿を見たり、少年が少女たちを刺す幻影をみて昔の新聞記事を見つけた彼らは、ジャックの話を通じてこの屋敷で昔何があったのかを知る。しかし時既に遅く…。タイムスリップなんかしてなかったですねえ。
実は一家の使用人だったジャック、前世が殺された妻だったアダム、ショーンの生まれ変わりとして殺人者として覚醒させられたコートニー。主演だと思ってたアイザックも呆気なく^;これ弟が主人公だったんかい!
結局前世の因縁に勝って結婚した(あれ?彼氏がいるんじゃなかった?)アダムとコートニーだが、呪いは続いていた、というもの。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。