いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ヘルボーイ

【概略】
旧ドイツ軍の陰謀により誕生した悪魔の子ヘルボーイは、怪憎ラスプーチンにより悪の手段として利用されようとしていた。しかし、間一髪のところでブルーム教授率いる特殊部隊に阻止され、ヘルボーイは秘密裏に人間に育てられた。人間の心をもつ悪魔ということに苦悩しながらも、政府のエージェントとして魔物たちと戦う日々を送っていたが…。
SFアクション


.0★★★☆☆
ギレルモ・デル・トロ監督のヒーローアクションものです。続編がレンタル開始されましたので、1作目を復習。かなり忘れていましたが、冒頭のシーンで色々思い出しました。ロン・パールマンさんが主役です~これ、似合いすぎ(笑)ジョン・ハートさん演じるブルーム教授に育てられ60年、局に新しいメンバーがやってくる。それが新米ジョンなんだけど、彼が観客視点をもつキャラクターです。
ヘルボーイは異形の赤鬼ながらFBIの超常現象調査防衛局で秘密裏に人類を守っているという設定。パワフルタフガイのヘルボーイ、穏やかで理知的なエイブとちゃんとコンビも組んでいます。ヘルボーイは発火能力をもつ人間のリズに恋をしています。
人間との絆やコミカルな部分やロマンスもあったりして、ヘルボーイ自体もごっつい見かけながら子供っぽいところもあって意外と可愛いんですよねー、猫好きですし。姿は悪魔、心は人間というデビルマン的哀愁もツボをついてくる。ジェラシーで尾行するヘルボーイの姿には可愛くてニヤニヤしてしまった。
凝った映像もそうですが、正統派ヒーローとは違う暗黒部分がよいですよね、ギレルモ監督のダークビジュアル面って大好きなんです。ナチス側のガスマスク(手巻き式)も格好よいです。ただ、サマエルは微妙かも…。ナビゲーター・ゾンビちゃんのイワンの遺言「あのまま死んでたほうがよかったー」はいい線で笑えました。ラスボス前の失速もありますが、面白かったです!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。