いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ペントハウス

【概略】
高層ビルがずらりと建ち並ぶニューヨークのマンハッタンでひときわ威容を誇り、天に届かんばかりにそびえ立つ〈ザ・タワー〉。ほんのひと握りの超富裕層だけが入居を許される北米一の最高級マンションだ。そんな〈ザ・タワー〉居住者のスーパーリッチな日常を陰で支えるのは、管理マネージャーのジョシュをリーダーとする使用人たち。ところがある日、使用人たちの夢も希望も打ち砕く大問題が発生。ウォール街の帝王たるペントハウスの住人、アーサー・ショウが、全米を揺るがす金融詐欺事件を引き起こし、使用人たちの年金までも着服していた事実が発覚したのだ。
コメディ


.0★★★☆☆
金持ちと庶民、この図式はわかりやすい。
金融詐欺事件で使用人たちの年金積立金さえも奪われていたことが発覚し、お金は戻ってきそうにないので厳重に警備されているペントハウスから隠し財産を強奪することを計画する、というもの。
ベン・スティラー演じるジョシュ・コヴァックが、マンションのマネージャーとして働いて培ったリーダーシップを発揮し(ベン・スティラー好きです)、苦労しつつも皆を牽引していく姿が描かれていました。メンバー全員が素人ばっかりでどうみたってこりゃダメだろうと思える面子に反しての、無謀ながらも超強引にデキてた姿が快感ですら。
世界屈指のセキュリティを持つ「城」に挑んで大金をゲットする。おでぶちゃんがとてもいい味をだしてましたね!無茶な話ですしチームワークゼロ、計画性もゼロのメンバーがそれぞれドタバタと足掻いて足を引っ張りあって、ようやくせしめた大金(大金の在り処は結構バレバレだったよね)。ストーリー的には突っ込みどころ満載で、(この面子の割りに)笑いも遊びも少々物足らないのだけれど、実はイーサン・ハントばりにハラハラさせられるシーンもあったり。
最後の使用人たちの喜びの笑顔とコヴァックの表情がとっても良かったよね!でもあれって部品によっては損得あるんじゃない?なんて思ったりも。