いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ポカホンタス

【概略】
1607年のアメリカ、今のヴァージニア州にイギリスから開拓団がやってきた。そこで一行のひとりジョン・スミスは先住民の娘ポカホンタスと出会い、恋に落ちていく。しかし、開拓団と先住民の対立は日増しに激しくなっていき…。
アニメーション


.0★★★☆☆
悲恋なんだねえ~~~。ディズニー・アニメの作品の中ではかなり地味な方なので今までみていなかったんですが、確かに異色な作品かもです。先住民の首長の娘とイギリス開拓団の冒険家のロマンス。
これ史実を基にした作品らしいのですが、歴史自体に記録が残されていないことから信用性が確実ではなく、そのため伝説や言い伝えられてきたものを映画にしたようです。調べてみたら、実際の史実の彼女の人生は波乱万丈で、改宗・改名、結婚もしイギリス社交界にも出て故郷へ帰る船の中、23歳で亡くなったとか。
おまけの各国言語のカラー・オブ・ザ・ウィンドが面白かったです、各国の声質があまり変わらなくてびっくり!言語がかわってもあまり違和感なかったです、凄いね!
しなやかで力強く、ポカホンタスの髪がひるがえる様が美しかったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。