いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ポゼッション・エクスペリメント

【概略】
大学生のブランドンは悪魔の存在を世間に知らしめるべく、霊媒師らと共に悪魔を呼び出し、その一部始終をネットで配信するが…。
ホラー


.0★★☆☆☆
ブランドンは、大学で受講している宗教学の課題として、実際に自分が悪魔に憑りつかれた様子とその悪魔祓いを世界中にネット配信して、悪魔が実存することを世界に知らしめようとした。ネットファウンドで1口=10ドルの資金援助を募集したところ、1日で1万ドルの融資を獲得。20年前に悪魔に憑りつかれたトレイシー・クロウェルに悪魔祓いが行われたという、不気味な屋敷に助手のクレイ、医学部に通うレダとともに向かう。霊媒師も交えて、実際に悪魔を呼び出すことに成功してしまった彼らに襲い掛かる恐怖とは?すべてを記録し、配信する行動はついにはカルト教団も含めた、大規模な事件に発展。そしてブランドンの驚くべき出生の秘密が明らかにされる時、悪魔が世界に解き放たれる瞬間がやって来る…!
なんか前にも自分に悪魔憑かせて…って話あったような(結局の所、自分の娘避難させようぜ、というツッコミがついた)。本作は大学生の青年が自分に悪魔憑かせてそれを悪魔祓いするところをネット中継しようというもの。場所はかつてトレイシーという女性に悪魔祓いが行われた場所。まあーなんとなくわかっちゃいますが、生き残った子供というのが…実はブランドン。かなりの安易な設定ですが、ばればれですな。生き残ったカメラマンというのが育ての父だったのでした。
で、悪魔に肉体を明け渡すといった事から、教会から締め出されたブランドン。霊媒師を雇い壁に隠されてたウィジャボードでそのまま実行するのですが(それをみてる興味本位な人たち)何もおきなかった。そして父親から明かされる真実。
しかし先ほどまで元気だったはずの育ての母が、自らの顎を引き裂いて死ぬのです。そして次第におかしくなっていくブランドン、神父が来るが、この男は実はカルト教団の人で悪魔祓いを邪魔するんですね。拘束具をといてしまう。そもそもトレイシーを攫って彼女に悪魔を取り憑かせたのがこの悪魔教カルト集団なわけで。そこへIPアドレスを元にやって着た警官隊が、レダを襲っているブランドンを撃つ。
優しかった母の面影。霊体となった彼は本当の母と再会。
そして無事生き残ったレダは十字架が回り明らかに異変の部屋の中で、ブランドンの子供を妊娠してる事に気付くってラスト。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。