いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ホテルゾンビ

【概略】
友達の結婚式へ行くための旅行の途中、寂れた田舎町に迷い込んだ6人は、年老いた管理人と奇妙なシェフ二人だけしかいない不気味なB&Bのホテルを見つけ一息ついた。一晩過ごし出発しようとした早朝、シェフが凄惨な形で死んでいるのが見つかり、また管理人も心臓発作で死んでしまう。そして、殺人容疑として疑われホテルに足止めされた6人にとんでもないことが起こり始める…。
ホラー


.0★★☆☆☆
ジャケット表裏見るからに(馬鹿っぽくて)好みだ!…と思ってドキワクしていた作品なのですが!笑いの部分を完全に勘違いしてるんじゃないかなーこれ…。
血の海で立とうと思ってもすべりまくる(なにこの古いギャグ)だとか、なぜかゾンビがスリラーを踊っています!!!
幸運の箱でみんなゾンビになっちゃったってものですが、舞台がB&Bなのでそれをもじった原題(Dead and Breakfast)のようです、つまりD&Bか。
間奏というか場面が変わるたびになぜか漫画+のんきに歌い手が弾き語り。全然笑えないけど笑わそうとしてるまぬけな展開の場面にはそれとわかる曲もかかります。
全体に さむいんですよ!!!  すべってるんだよ!!!!
血の量は無駄に多いです。そして武器が作れすぎです。ありあわせのものを使って作ってるんだけどびっくりですよこれ、あの女の子何者!?
廃屋以降の後半は(慣れて)ちょっと面白くなりましたが、ゾンビになってもバンド&ダンスで、つまりはこういうノリの作品なのかとわかります。まあ正確にはゾンビではないんですけど。というか「ホテル」は全然関係ないよね!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。