いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ホラー・ストーリーズ

【概略】
「死にたくなければ俺を怖がらせろ」と言う殺人鬼を前にして、女子高生が生き残りを懸けて怖い話を披露する。「太陽と月」「恐怖のフライト」「秘密のレシピ」ほか全4編を収録。
ホラー


.0★★★☆☆
「日本よ、これがホラーだ。」とかってアベンジャーズ意識した煽り文が書いてある本作。ホラーオムニバスです。
正直ホラー慣れしてる人にはたいして怖くない部類に入ると思います。ガツンときて「やられた…!」そんな衝撃度はなかったですね。
眠れない殺人鬼のため、怖い話をすることになった女子高生、彼女が語る4つのエピソード。監禁された女の子が犯人を寝かせつけるため怖い話をするという斬新さにちょっと笑いがこみあげる。
1)「太陽と月」
子供2人で留守番していた夜の恐怖の出来事。
英会話学校に通う姉弟が帰宅が遅い母を待ち留守番。母親に「宅配が来たら、家に入れずに外に置いといてもらいなさい」と言われた姉はその通りにするのですが、鍵を掛け忘れた扉からの侵入者が姉弟を襲う…。
見どころ:侵入者の顔!顔!(笑)
2)「恐怖のフライト」
連続殺人犯を護送する飛行機に乗った客室乗務員の恐怖。
連続殺人犯を護送する事になった飛行機。だが、犯人は刑事たちを次々に惨殺。残ったのは一人の客室乗務員だった…。
見どころ:普通のサスペンスにちょっとだけ幽霊。あんな簡単にコクピットへの扉が開くかねえ。
3)「秘密のレシピ」
大富豪の男の元に嫁に行く強欲な女性の話。
強欲な妹が、大富豪との結婚が決まっている姉そっくりの整形手術まで受け、母親とも共謀して大富豪との結婚に成功するのですが、実はこの大富豪には恐ろしい秘密があって…。
見どころ:人肉キムチ漬けが趣味という、ある意味童話「青髭」っぽさも感じる話でした。キムチがお裾分けとして姉と継母の元へと送られてくるところはちょっと後味が悪い。
4)「救急車」
ゾンビ化感染が広まる街で母娘が救急隊員に感染を疑われる話。
謎のウイルスが蔓延する中、自動車事故に遭った母娘を載せた救急車が疾走。瀕死の重傷を負った娘には噛まれた跡が…。
見どころ:結局娘は感染しておらず、母がゾンビになり娘を襲うという結末で看護師と医師との緊迫のやりとりがちょっとしたサスペンス風。


全く怖くない話で殺人鬼の男が眠ってしまうのも笑えますが、韓国らしい要素を使ったよくある話で、ねっとりとした嫌~な空気は醸し出していました。
で、この4つの話を聞き終わって男は遂に眠ってしまいます。女子高生は、縛られていた縄を切り逃げだそうとしたところで…携帯が鳴って首を掻っ切られる。ここもよくあるオチでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。