いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

蜘蛛巣城

【概略】
難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城主・都築国春に仕える武将・鷲津武時と三木義明は、城の前にある蜘蛛手の森でひとりの老婆と出会い、ある予言を聞かされる。
サスペンス


.0★★★★★
幼い頃、家にあったこの作品のビデオをみて、トラウマになりました…。
シェイクスピアの「マクベス」を戦国時代に置き換えて映画化した作品です。
白黒映像の森、雷雨、森に響く女の笑い声、山田五十鈴さんの不気味な演技、ギラついた三船さんの目、動く森。
でもやはり一番印象に残っているのは、無数の矢が飛んでくる最後のあのシーンです。矢が首を貫通する映像は目に焼きついてます。とにかく物凄い迫力と強烈なインパクトでした。
そしてやはり、今観ても、凄かった。
静かなたたずまいで夫をたぶらかす山田五十鈴さんの能面のような顔、甲高い衣擦れの音、あまり動かないで首を横に回す、それだけでどうしてこんなに圧倒されるのか。
今観ると、予言があたっていたことに対する三木の心境、それを知っていてでのあの「予言はよう当たったな」という再会シーンもお互いを探り牽制しあっているのか。心理的に深いですよね。
ラストの狂乱状態の三船さんは、本当にいい表情をしています。