いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ホーンテッド・グラウンド

【概略】
郊外に住居を構えた新婚のエミリーとネイト。だがある日、家の下から人間の頭蓋骨が発見される。やがて恐怖に震えるエミリーにも奇妙な現象が襲い掛かるようになり…。
ホラー


.0★★☆☆☆
郊外の一軒家に住居を構えた新婚夫婦。しかしある日、配管修理中に家の下から人間の頭骨が発見される。
過去に殺人事件があったのか、この頭骨は一体誰のものなのか…恐怖に震えるエミリーにも、やがて次々と奇妙な現象が襲いかかる。
流産した妻の心理的圧迫感が幻聴・幻想をみせているのか、オカルトなのか、意見が分かれるところだと思います。情緒不安定になり薬を飲用するエミリーと仕事が忙しく妻にかまってやれない夫ネイト。この気持ちのズレが肝。
町の史跡学術会の人間にはこの家で幾多の殺人事件が起きたと聞いたばかり。いまだ見つかってない遺体もあるそうな。
数百年前の同じ結婚記念日に同じ日にこの家へ越し、同じ日に妊娠が判明、同じ日に夫が出張へ行くなど、あらゆる詳細が自分と合致していたメアリーの日記を読んだエミリーは、この家に起こった幾多の現象(妻殺し)を信じ込み、妻である自分が夫ネイトに殺されると思いパニックに陥り、ラストには悲劇が起こるというものですが、案の定というところか。ラストがありきたりでつまらなかったなー。
雰囲気はなかなか良く夫もイケメンさんでしたが、可もなく不可もなくといった作品でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。