いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

舞妓はレディ

【概略】
舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。
ミュージカル・ドラマ


.0★★☆☆☆
舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レディ…じゃない、舞妓はレディなんですね。
失礼ながら田舎娘にしかみえない主人公の春子。彼女が舞妓姿になったときが艶やかでいいですね。この田舎娘が素敵な舞妓に変わるって所は、マイ・フェア・レディのようですね。かけてるんだろうね~。
生半可な気持ちでは務まらない花街の「芸」の世界、女優も、舞妓も、芸妓も、なんでもそうですが、主人公が体当たりで飛び込んでいくあたりは「そんなばかな~」と思いつつも爽やかでした。
とはいえ、あの「Shall we ダンス?」と比べれば、どことなく印象に残りづらい作品かもです。いまひとつパッとしないんですね、一つ一つの断片的なミュージカルシーンも正直つまらないし、脚本がダメですね。でも後半はうまくまとめましたね。
とはいえ役者は頑張っていました。方言を使うのって難しいんだよね~主人公なんて、鹿児島弁、津軽弁、京言葉ですもん。これにはびっくり。
銀幕のスター役は妻夫木くんだったんだねー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。