いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

魔界転生

【概略】
松平伊豆守信綱率いる幕府軍によって島原の乱に敗れた天草四郎時貞が、魔界からよみがえり、呪文によって魔界衆を呼び出して幕府転覆の成就をはかる…。
ホラー


.0★★★★☆
昔、家にビデオがあったので、私の中ではやはり魔界転生といえばこちら、古いほうですね。
今みるとこの古臭い感じが逆にオドロオドロしく(いい意味での)胡散臭さも出てるよね~。荒唐無稽すぎな設定ではあるものの、この世界観はここまでくるとむしろ素晴らしい(注:ストーリーはないものと思ったほうが良い笑)。キャストが豪華、柳生十兵衛に千葉真一さん、天草士郎に沢田研二さん、細川ガラシャに佳那晃子さん、オリキャラである伊賀の霧丸に若い真田広之さん。
棒読みな「エロイムエッサイム」がちょっと笑っちゃうんですが、冒頭の能・人形劇的な感じが凄く好きなんだよね!ガラシャ復活シーンのところも非常に能っぽいのよね、そしてこのガラシャが美しすぎる…。

ちょっとこれ妖艶なんてレベルじゃないね!もうどうみても妖。ちょっと化け猫っぽいところもたまりません。 一番右の画像は天草・柳生ですが、柳生といえば千葉さんですよね、格好いい!
ストーリーは今更言わずもがな、天草四郎時貞が神を見限り魔人として転生し、この世に未練を残して死んだ魔界衆と共に幕府転覆を図ろうとするのを柳生十兵衛が阻止しようとするってな話です。
それぞれ人生を全うした英傑・人物たち…だがその心には迷いがあるんですね。魔界転生した魔界衆は、首魁の天草四郎時貞、細川ガラシャ、宮本武蔵、柳生宗矩、宝蔵院胤舜、伊賀の霧丸。うん、霧丸以外は有名な歴史上の人物たちばかりですね!…でも彼らは別に幕府を転覆したいわけじゃなくて、各人やりたい放題なのがちょっと面白いところです、俺が最強と思ってみたり愛に生きてみたり(転覆を狙ってるのは天草だけ)。
主人公は確かに柳生十兵衛なんですが、真の主役は魔界衆の面々。…彼らの悲しい性は、あさましくも美しくみえる。

江戸城炎上シーンは迫力がありますね、実際に燃やした現場で役者さんたちも演じたそうです。「今度こそ忠興殿は渡さぬ!」と狂乱するガラシャの行方も気になるところですが、天草と十兵衛の対決も、天草の首がポーンととんだところで終了。「私は何度でも蘇る…!」って、なんで少年漫画的終わり方!?
そういえば、有名な天草と霧丸のキスシーンも、あれアドリブだったんだってねー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。