いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

魔界転生

【概略】
島原の乱で徳川幕府に滅ぼされたキリシタンたちの若き長・天草四郎は、やがて魔界からよみがえり、現世に未練を持つ剣豪たちを転生させて幕府への復しゅうを誓う。柳生十兵衛は、彼らの陰謀に完全と立ち向かっていく。
ホラー


.0★★★☆☆
「魔界転生」のリメイクです。窪塚洋介さん、佐藤浩市さん主演。
おどろおどろしい雰囲気のある怪作だったオリジナルに対し、こちらは万人向けを考えてか、あっさり塩味。これ単体でみればそう悪くはないんでしょうが、色気や演技力それに作品の深みが足りないんですよ~。杉本哲太さんも麻生久美子さんも良かっただけに、残念。字幕がないのも残念。
眼帯のない十兵衛に違和感はそうなかったですが、有名な武芸者たちとの戦いも、時間がなかったのか中途半端で相手が非常に弱く感じてしまう…全体に中途半端な印象です。昔見たときは窪塚さんの棒読みにびっくりしましたが、今観ると抑えてどこか儚く演技されていたんですね(でもやっぱり棒読み)。しかし「徳川の世は終わる」といったり「徳川同士で争う」といったり、何を求めていたのかわかりません。
家康が復活するあたりの首が二つになった麻生さんのキャラクター造形はなかなか良かったですよね。ま、あっさりと退場でしたけれど…。
オリジナルとは違う怪作をつくろうとして、失敗したというところでしょうか。
それにしても宮本武蔵にはがっくりきた…。長塚さん台詞回しが酷すぎ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。