いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

マッチスティック・メン

【概略】
詐欺師のロイは、極度の潔癖性のうえ、対人恐怖症の気もある男。あるとき、彼は精神科医の診察をきっかけに、14年前に別れた妻との間に、一度も会ったことのない娘がいたことを知る。意を決して娘アンジェラに再会するロイだが、こともあろうか父の仕事に興味を持ったアンジェラは、詐欺のテクニックを学んでいく。
サスペンス


.0★★★☆☆
極度の神経症の詐欺師をニコラス・ケイジが演じています。彼の娘役にアリソン・ローマンですが、彼女は「スペル」の主人公を演じてた彼女ですね。
ニコケイの潔癖症ぶりはなかなか滑稽で面白く見ることが出来ました。うまく演じられてたと思いますが、潔癖症でもタバコはOKなのかな?そこはちょっと気になった。ニコケイはこういう役似合いますね~
父親業で不安症も解消!?突然出来た娘に戸惑いながらもにやける主人公。
ラストで絨毯屋さんに就職してたのにはちょっと苦笑い。でもアンジェラとの絆もちょっと残ってそうでそこは良かったと思う。
なにはともあれ、アリソン・ローマン演じるアンジェラが一番の詐欺だと思うよ~このとき20代越えてたんだって、ビックリ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。