いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

マニアック

【概略】
冬のニューヨークで、女性の頭皮を次々と剥ぐという猟奇的な事件が発生する。犯人は幼い頃、母親に虐待を受けて育った“マニアック”だった…。
ホラー


.0★★★☆☆
イライジャ・ウッド主演の「マニアック」のオリジナルのほう。
主人公は中年のおっさんで、ベッドには血みどろのマネキン。ただ自分で娼婦を買っておきながら突然豹変するんで、こちらは「えー」という感じ。女は女で首絞められてるわりに「やめて!」とか結構叫んでるしー。結局母親がだぶってみえてってことなのですが、その点においていまひとつ演出的にわかりにくさを感じました。また、娼婦が主人公に「(モデル)雑誌みたいにしてみせろ」といわれてクネっと足曲げるのが古臭っと感じてしまったわ。
殺した娼婦の頭の皮膚をはいで、メチメチッという所は良かったですけど、ここもグロさは感じない。母親への激しいコンプレックスを持つ中年男が、夜な夜な街を徘徊し、捕まえた女性の頭皮を剥いで持ち帰ってマネキンの頭に剥ぎとった髪をクギで打ち付ける。彼の満たされない欲望は次第に膨らんでいき、狂気の妄想と脅迫観念により暴走するのです。
とにかく主演のジョー・スピネルの気持ち悪さが売りだわ~。ひたすらウーウー言っているジョー・スピネルが本気でキモい点がね…もうね。「僕から離れないで」と自分で手錠したり(マネキンと)。もうね、かなりの本気度にみえたね!
でも個人的に良かったのは、トム・サヴィーニとロブ・ボッティンの特殊メイクで、車内の男性(サヴィーニ)がショットガンで頭をぶっ飛ばされるシーンですかね~。あと色んなマネキンを見つめてハアハア言ってるシーンとか。ラストでは主人公の首が幻覚の中で蘇った女たちの手によって引きちぎられる、ここも良かった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。