いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

魔法の恋におちたら

【概略】
大学生のウィルは授業をサボったペナルティで、教授から町の祭りで働くよう命じられる。一方、証券会社で働く有望株なケイトは突然、会社を辞め、舞台俳優を目指すことに。偶然同じ劇団で出会った2人は様々な葛藤の末、次第に惹かれあっていくのだった。
ラブコメディ


.0★★☆☆☆
クリスティーナ・リッチさん主演。
中世のコス祭り(ルネッサンス祭り)なんて楽しそうですが、内容的にはドタバタかなあ。このフェアの手伝いに借り出されたウィルと、本当は女優をめざしたいのに証券会社に勤めようとしていたケイトとが惹かれあうというベタな設定なんですが、ウィル役のオーウェン・ベンジャミンさんって主役としては華がなくて魅力を感じないなぁ。小柄なリッチさんと彼が並ぶと大人と子供にみえちゃうってのもアレなのかも(これはしゃーない)。でもこの二人って一時期婚約してたんですよねえ@@;
上流階級と下流階級があって、毎年採点で得点の高いチームが翌年に上流貴族になれるというお祭り。うん、楽しそう。
ストーリー自体は大した事なくって、お祭りに参加した気分になれると楽しいのかな?ってところ。こういうのは役になりきったら面白いと思うんですよね。コミカルな部分もあるのですが、役者の演技含めて「劇」のようなので、作品としては微妙といえば微妙。半分の50分くらいの尺で十分という気も…。
リッチ嬢はコスチュームが似合います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。