いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

マリー・アントワネット

【概略】
オーストリアの皇女アントワーヌは、14歳のときフランス王太子ルイのもとに嫁ぐことになった。しかし、ヴェルサイユ宮殿で会った15歳の彼はまだ少年だった。そんなティーン同士が結婚をしたが、義父ルイ15世の浮気、彼女に感心をしめさない王太子ルイへの苛立ちから、彼女は享楽的な生活を送るように。そんなとき、アントワーヌはスウェーデン陸軍のフェルゼン伯爵と出会い、恋に落ちてしまう。
ドラマ


.0★★☆☆☆
サックスブルー、イエロー、ピンク、色取り取りのキュートなドレスたち、靴、お菓子。
一見優雅で和やかそうな食事の席での貴族達の遠慮ない言葉や突飛な宮殿生活が面白く描かれてました。
キルスティン・ダンストも可愛かった。
が、残念なのはそれだけってことかな~^; ポップな歴史ムービーかと思ってたので、肩透かし食らった感じ?寝室や壁や美術品など建物はとっても素敵でした。あの靴カワイイ!とは思うけれど映画自体はそれだけです。上手くいかなくて泣いておしゃれしてお菓子食べまくり!…てのはわかるんだけど…。ん~青春ムービーなのかなぁ。もともと悪いイメージを持っていなかったからこう感じるだけだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。